menu

伊豆昔話 善六と雲見の浅間さま Zenroku and Sengen-sama in Kumomi

 

 

雲見  ずっと昔、岩科村に、善六という木挽(こびき)がおりました。木挽というのは日々、大きな鋸を使って、木の製材を行う職人のことをいいます。善六は体が人一倍大きく、筋骨隆々の逞しい青年でしたが、外見とは正反対にとても不器用で、何をやっても仕事が遅く、周りからは馬鹿にされ半人前以下に見られていました。

Once upon a time, a sawyer named Zenroku lived in Iwashina Village. Sawyers saw up logs every day with large saws. Zenroku was a young man with a muscular body and much bigger than all the other sawyers. Despite his appearance, Zenroku was extremely clumsy and slow at everything. Other sawyers looked down upon Zenroku, considering him as far less than a full-fledged sawyer.

 

「遅いぞ、善六!」

「そんな細っちい木も、ろくに切れないのか! 情けねぇな。はは」

仲間からは絶えず嘲笑されつつ、怒鳴られることは茶飯事で、善六はただ悔しさに唇を噛み締めるばかりの日々でした。

Other sawyers often said, “You are too slow, Zenroku!” and “You can’t even saw a small log like that! You are pathetic,” and laughed at Zenroku.

Being laughed at by other sawyers every day and being scolded very often, Zenroku bit his lips every day in frustration.

 

そんな善六を見ていて、ある日、親方がいいました。

「なぁ、善六。おれは常々、不思議に思っているんだが、どうして、それだけ恵まれた体格をしていて、こうも仕事が遅いんだ?」

「すいません」

「どうして、そんだけ太い腕で、丸太を切るのにろくに力が入らないのか、お前は不思議に思わないのか?」

「はぁ」

「物には、必然的な姿がある。おれらが絶えず使う鋸は、成るべくしてギザギザ尖った形をしているわけだ。おれら木挽の仕事も、精を出すやつほどごつごつした逞しい体になる。姿かたちが、その仕事ぶりや中身を表すのだ」

「はい」

「お前は、実に見事な体格だ。だがまだ、ずいぶん若い。たぶん、その体に見合うだけの力を秘めているのに、どういうわけか、それを一向に出せずにいる。なぁ善六、いっぺん自分を、深く見つめ直してみたらどうだ? どうして、それだけの力しか出ないのか? 何が原因なのか」

「はい……」

Seeing Zenroku frustrated, the master sawyer one day said to him, “Zenroku, I always wonder. You have such a physical gift. How come you are so slow at your work?”

Zenroku replied, “I’m sorry.”

The master said, “With your big arms, why can’t you saw logs more powerfully? Don’t you think it is strange?” The master continued, “Things take forms that are suitable for their respective purposes. For example, a saw that we use every day has a serrated edge that is suitable for cutting wood. Hard working sawyers tend to have strong, muscular bodies. Their bodies show how they work and who they are.”

Zenroku replied, “Yes, I understand.”

The master said, “Zenroku, you have a splendid body. Maybe you are too young. Your body indicates that you have power. The power is concealed and not fully exerted, for whatever reason. I suggest you reexamine yourself. Consider why you cannot fully exert your concealed power. Find out what is the cause.”

Zenroku replied, “Yes, I will.”

 

その時、善六の頭にはとっさに、雲見にある浅間さまのことが浮かんでいました。雲見浅間神社は、近隣の人々から「浅間さま」と馴れ親しまれ、古来より篤く信仰されてきた場所でした。

そうだ。浅間さまに、訊いてみよう。おらの力の無さは、何が原因なのか。

Hearing the master’s advice, Zenroku immediately thought about Sengen-sama in Kumomi. Sengen-sama is a name of endearment for the Kumomi Sengen Shrine. Since ancient times, local people have faithfully believed in the god enshrined there, calling the god Sengen-sama.

Zenroku thought, “I must ask Sengen-sama why I am so powerless.”

雲見浅間神社は、伊豆の海へ突き出した、高さ162メートルの烏帽子山の頂に鎮座していました。善六は答えを得るまでは山に籠ろうと心に決め、食料を詰めた籠を背負い、仕事で日ごろ使っている鋸を一丁携えていきました。作業場はしばし留守にしてしまうが、どうせ、今の自分がいたところで、全く変わらない。そんな卑屈な思いで、神社に着くなり、問いかけました。

「浅間さま。おらの力が思うように出ないのは、何が原因なのですか。教えて下さい! おらだってほんとは、みんなのように一人前に働きたい。親方から褒められるような仕事をしたい。どうか、この体が、見せかけだけではない、立派な力強い木挽になれるよう、お導き下さい!」

そう願う善六の目に、ふと、境内に横たわる大きな石が映りました。

「そうだ、あれくらい大きな石をたやすく切れる、木挽にして下さい!」

The Kumomi Sengen Shrine is located on the top of Mount Eboshi, which is a 162 meter-high mountain poking out of the sea off the Izu Peninsula. Zenroku decided to confine himself in the shrine, and not to come back until he received an answer. He carried a basket with food on his shoulder and a saw that he used for his work every day. Zenroku thought taking a break from work was not a big deal because he was of no use anyway. His absence at the lumber mill would not make any difference. Thinking depreciatingly of himself, Zenroku asked a question as soon as he arrived at the shrine.

Zenroku asked, “Sengen-sama, please tell me why I cannot fully exert my power. Please! I want to work like the other full-fledged sawyers. I want to perform my tasks excellently so that the master praises me. Please guide me to become an excellent and powerful sawyer and prove that my body is truly strong!”

When Zenroku was praying, he saw a large rock on the shrine’s premises. He said, “Oh, I hope to become a sawyer who can easily cut that large rock.”

善六は、それから神社のお堂に籠って、日々、自問を続けました。何がいけないのか、何故、のろまなのか。何故、木を切る力が弱いのか。続けて願うのは、あの境内に横たわっている大きな石さえたやすく切れるような、力強い木挽になりたいということでした。

「おらは、今までずっと、何をやっても遅く、馬鹿にされ続けてきた。どうか、おらに……あんな石なんか楽々と切れる力を……授けて下さい!」

Zenroku, confining himself in the shrine, kept asking himself every day: What is wrong? Why am I so slow? Why am I so weak when cutting wood? Zenroku kept hoping to become a strong sawyer able to easily cut the large rock on the shrine’s premises.

Zenroku prayed, “I have been always slow at everything, and have been looked down on by other people. Please let me have the power to easily cut rocks like that one.”

善六がお堂に籠って、三十八日が経っていました。

善六はその日の朝、境内の大きな石が太陽の光に照らされて、表面をうっすら覆っていた夜露の水滴が、湯気のようにきらきら立ち昇っているのを見ました。善六には、その石の中に、求めていた答えが宿っているように感じられ、鋸を取り出すと、ぎいこぎいこと石を挽き始めたのでした。

めきめきっ。

大きな音を立てて、途端に石が真っ二つになり、善六は驚きました。容易く裂けてしまったのです。

「どういうわけだ? 浅間さまが、とうとうおらに力を……」

心と共に、全身が震えました。善六は、奮い立つように鋸を握り締めていました。

Thirty-eight days passed since Zenroku started his confinement. In the morning on that day, Zenroku saw dew on the rock simmering brilliantly in the morning sun and rising up like steam. Zenroku felt that the answer he wanted resided in the rock. He took out his saw and started to saw the rock. Soon afterward, the rock, with a loud sound, split into two pieces. This surprised Zenroku. The rock split very easily.

Zenroku thought, “What happened? Sengen-sama, at last, gave me the power.”

Zenroku’s body and soul were shaken. Being excited, Zenroku held his saw strongly.

 

善六はそれから烏帽子山を下って、木挽の作業場へと向かいました。仲間たちが「あれ?」という顔でそれぞれ、善六を振り返ります。

「おいおい、逃げ出した野郎がひょこひょこ来たぞ」

「のろまの善六のお出ましだ」

善六は、仲間の嘲りには耳を貸さず、親方の前まで行き正座して深々と頭を下げると、言いました。

「親方。あれから、言われたように、おらはどうしたら力強くなれるのか、ずっと考えていました。それで……どうか見てもらいたいものがあるのです」

善六は鋸を握り締めると、作業場に横たわった内で一際大きな丸太の前に立ちました。

「何だ、そいつを切ろうなんて、百年早いぞ!」

仲間が一斉に笑います。

「ふん、くそ。見てろ。みんな、度肝を抜きやがれ」

善六は呟くと、丸太を鋸で挽きはじめました。

Zenroku went down Mount Eboshi and headed to the lumber mill. Other sawyers, with surprised expressions on their faces, looked at Zenroku. One sawyer said, “Oh no, Zenroku who ran away is making an exhibition of himself.”

Another sawyer said, “Slow Zenroku is here.”

Ignoring their sarcasm, Zenroku walked to the master, kneeled, bowed deeply and said, “Master, since I heard your advice, I have kept considering how I can become stronger. Now, I would like to show you something.”

Zenroku held his saw, and stood in front of one of the largest logs at the lumber mill. Other sawyers started laughing, saying, “Cutting that log is impossible for you.”

“Pish, I will show you. Don’t be surprised,” Zenroku murmured and started sawing the log.

 

きゅいきゅいきゅい。

それは、あの、朝方に聞いた力強い音とはほど遠い、辺りの鳥たちが甲高い声を出して逃げ出してしまうほどの情けない音でした。

どういうわけだ!? と、善六はなお懸命に、一層力をこめました。

きゅいきゅいきゅい。

しかし丸太は全く切れず、ただ刃が滑るばかり。惨めな音が響くだけでした。

見ていた仲間たちは「ああ、馬鹿馬鹿しい」と呆れ顔で、また作業に戻り始めます。

親方が、腕を組んで深い溜め息をつき、言いました。

Creak, creak. The sound of the saw, however, was weak and very different from the strong sound that Zenroku heard in the morning. The sound was so poor that even the nearby birds twittered with squeaky voices and flew away.

“Why?” Zenroku asked himself, and tried to saw more strongly.

Creak, creak. The saw did not go into the log at all, and the blade slipped on the surface of the log, making nothing but a poor sound. Other sawyers returned to their tasks, saying in disgust, “It was a waste of time.”

 

「少しは、期待したんだがな」

「違うんです。親方!」

「いったい、三十八日の間、何してた? これが、お前の応え……精一杯の力か?」

そう言って親方は悲しそうに背を向けて。もう、声をかけてはくれませんでした。

「お、親方……」

The master, with his arms folded, gave a deep sigh and said, “I expected something better than this.”

Zenroku said, “No, master, this is not…”

The master said, “What were you doing during the thirty-eight days? Is this your answer? Is this the best you can do?”

The master sadly turned around, and did not say anything more. “Master…”

 

善六は顔を真っ赤にし、その場から逃げるように、鋸を持ったまま駆け出していました。 そして村の外れまで来ると、呼吸を整えながら、鋸の刃に映った自分の惨めな顔を見つめました。

「何だったんだ? 今朝方の、大きな石をぶった切ったおらは……あれは、まやかしだったのか?」

善六は悔しさに顔を歪めながら、傍にあった石に刃をあててみました。軽く引いてみると、石は脆く簡単に、ぽろぽろと崩れるように真っ二つになりました。

「ああっ」

今度は、辺りに転がっていた朽ちた木の幹に、刃をあてて引いてみます。すると刃は惨めに泣くばかりで、幹にはちっとも食い込まず、擦れるばかりなのでした。

「こんなものさえ、おらは、ろくに切ることができなんだ」

そう、善六は、大きな石を見事に切れるようにはなっても、木をうまく切ることが相変わらず出来なかったのです。善六の目には、みるみる大粒の涙が溜まり、ぼとぼと零れ落ちていました。

「ああ。おらは……何て馬鹿なんだ」

善六は、後悔の念でいっぱいでした。そして浮かぶのは、親方の、先刻の悲しそうな表情でした。

ああ。浅間さまは、おらの願いを、確かにちゃんと聞いて下さった。けど、この三十八日間、おらは、いっぺんでも、木挽として木と向き合うことがあっただろうか。いや、三十八日どころじゃない。おらはこれまでずっと、向き合ってこなかったんじゃなかろうか。おらは、どうしようもない大馬鹿野郎だ。

Zenroku turned red in the face and ran away with his saw. At the outskirts of the village, Zenroku regained his breath and looked at his own miserable face reflected on the saw blade.

“What was it? I certainly cut the large rock in the morning. Was it some kind of trick?” Zenroku, with his face distorted by his chagrin, put the saw blade on a rock nearby. He drew the saw lightly, and the rock easily split into two pieces, as if it was something very fragile.

“Oh!” Being surprised by the rock easily splitting into two pieces, Zenroku then put the saw blade on a decayed trunk of a tree. He drew the saw, but the blade only creaked. The blade did not cut into the trunk but only rasped the surface. Zenroku thought, “I can’t even cut decayed wood.”

Although Zenroku became able to marvelously cut a large rock, he still could not cut any wood efficiently. Zenroku’s eyes were filled with tears, and large drops fell. “Oh, how foolish I am…” Zenroku regretted, and the sad face that the master showed earlier recurred in his mind.

“Sengen-sama certainly granted my wish. During the thirty-eight days, however, I never faced, or dedicated myself to, lumber sawing. Not only during the thirty-eight days, but all the time, I have never faced lumber sawing sincerely. I am a big fool.”

 

それから善六は、気持ちをようやく落ち着かせると、作業場へと、とぼとぼ戻っていきました。陽はすっかり落ち、もう既に暗くなってしまっていて、仲間たちの姿はとうにありませんでした。

善六は月明りの下、作業場の小さな丸太を拾うと、それに刃をあてて、一心に挽き始めました。また一から仕事を覚え直すかのように。切りたいという想いを丸太に集中させ、渾身の力を振り絞るように。

全身から汗が滝のように噴き出し、筋肉が軋むように震えました。そうして丸太がようやく、ピシリと音を立て裂けました。

「よし。次」

善六は手を休めず、次の丸太を拾うと、また、挽きました。

月は煌々と上り、どこかでふくろうの鳴く声がするなか、善六の体から噴き出た汗が湯気となって、立ち昇りました。手のひらに新たに出来た血豆がぶちぶちと破け、皮が裂け、血が流れました。しかし善六はひたすら歯を食い縛り、一心不乱に鋸を引きながら、誓っていました。

浅間さま。馬鹿なおらの変わる姿を、見ててください。おらは……おらは、これまで、自分に足りなかったものが何だったのか、ようやく……悟りました。

Then, Zenroku, pulled himself together, and tromped to the lumber mill. It was already dark, and all the sawyers had left the mill. Under the moonlight, Zenroku picked up a small log, put the blade on it and started sawing it devotedly. It was as if he wanted to learn the sawing skills again right from the beginning. Zenroku focused his mind on lumber sawing and used all his strength.

Zenroku broke out in sweat and his muscles trembled. The log made a crispy sound and split into two pieces. “Good, I will do the next one.”

Zenroku, without pausing, picked up another log and started sawing. The moon was high and bright. An owl was singing somewhere. Sweat came from Zenroku’s body, became steam and rose up. Zenroku got blood blisters on his palms. The blisters collapsed and the torn skin bled. Zenroku, however, did not stop. He kept sawing patiently and with single-minded devotion. Zenroku was praying, “Sengen-sama, please see me, an idiot, improving myself. I… At last, I now understand what was lacking in me.”

 

どれくらいの時間が経ったでしょう。

善六が顔を上げると、いつの間にか昇っていた朝日が、汗にまみれた横顔を照らしていました。善六は、心の中にかまどのように熱いものが沸々とこみ上げてくるのを感じながら、

「浅間さま……」

と、呟いて、眩い朝陽を仰いでいました。

そして――そんな善六の背中を、作業場の前で眺める、もう一つの姿がありました。

それは、誰よりも早く作業場に出向くのを常々日課としていた、あの親方の姿でした。

親方は、善六の姿を、朝陽と共に頼もしそうに見つめて、嬉しそうな笑みが零れるのでした。

After several hours, Zenroku lifted his face and found it was already morning. The morning sun was shining on his sweaty face. Zenroku felt something hot, like a furnace, in his mind, and murmured, “Sengen-sama…” He looked up at the bright sun.

A person was looking at Zenroku from outside the lumber mill. It was the master, who always came to the lumber mill before all the other sawyers. Under the morning sun, the master looked at Zenroku. The master smiled, knowing that Zenroku had become a reliable sawyer.

 

それからというもの、真剣に木挽の仕事に打ち込むようになった善六は、みるみる、仕事を一人前にこなすようになっていったそうです。

後に善六の名は、木挽の名職人として広く知れ渡るようになり、伊豆地域だけでなく遥か江戸の方まで、製材を頼まれるまでになったといいます。

Zenroku then devoted himself to lumber sawing and soon became a full-fledged sawyer. Later, Zenroku became famous for his excellent sawing. Many people, from the Izu Peninsula and also from Edo (present day Tokyo), which was quite far away, asked Zenroku to saw lumber for them.

雲見周辺のおすすめスポットはこちらから>>>

 

下田 Shimoda

富士山雲見浅間神社周辺の紹介 Around the Kumomi Sengen Shrine

関連記事

  1. 伊豆昔話 三四郎島 Sanshiro Islands

    ずっと昔、西伊豆の小さな漁村・仁科村に、小雪という名の、若く美しい娘がおりました。父は豪族の瀬尾行信…

  2. 堂ヶ島 Dogashima

    堂ヶ島は、賀茂郡西伊豆町の美しい景勝地です。海岸線に幾つもの島が点在している景観はダイナミックで素晴…

  3. 婆娑羅山周辺の紹介 Around Mt. Basara

    婆娑羅山は標高608メートル、伊豆の下田市と松崎町の堺にある山です。ガイドブックでは紹介されておら…

  4. 浄蓮の滝

    浄蓮の滝周辺の紹介 Around Joren Falls

    浄蓮の滝は、伊豆の天城湯ヶ島温泉の中で、最も人気の高い観光スポットです。滝の高さ…

  5. 松崎町

    松崎町 Matsuzaki Town

    松崎町は、伊豆半島南西部に位置する町で、温泉地としてたいへん人気があります。静かな歴史ある町並みは趣…

  6. 吉名温泉

    吉奈温泉周辺の紹介 Introduction the Area …

    吉奈温泉は、静岡県伊豆市吉奈にある温泉で、ずっと昔から子宝の湯として知られています。天城山に囲まれた…

  7. 浄蓮の滝

    伊豆昔話 浄蓮の滝のジョロウグモ Tales from Long…

    ずっと昔、伊豆湯ヶ島村に、与左衛門という若いきこりがおりました。与左衛門の家は、…

  8. 富士山

    雲見浅間神社周辺の紹介 Around the Kumomi Se…

    雲見浅間神社は、静岡県賀茂郡松崎町、雲見烏帽子山の山頂にある神社です。烏帽子山の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP